×

データ復元ソフト EaseUS Data Recovery Wizard を試してみた

T2セキュリティチップが搭載されたM1 Mac などは暗号化されているため、以前もモデルのように紛失・削除データを完全に復元することができなくなった様ですが、「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro」は、T2チップ搭載のMacのデータ復旧が可能な様です。

今回はデータ復元ソフト EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro を試してみました。

データ復元とは?

ゴミ箱に入れた後、誤ってゴミ箱を空にしてしまった時や、外付けのUSBメモリー、SSDなどを誤ってフォーマットしてしまった場合、OS標準の機能では元に戻すことが出来ません。

そんな時にデータ復元ソフトを利用することで見えなくなったデータを元に戻すことが出来ます。

※データの復元は100%ではありません、削除してから時間が経過すればするほど復元できる可能性が低下します。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro をダウンロード

今回試してみる「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro」は「https://down.easeus.com/product/mac_drw_trial_setup」からダウンロード可能です。

無料ダウンロードをクリックすると、許可するかのアラートが出るので「許可」をクリックします。

これでダウンロードが完了です。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro をインストール

ダウンロードした「mac_drw_trial_new.dmg」をダブルクリックしてマウントします。

マウント後、「EaseUS Data Recovery Wizard」をApplocationsディレクトリにドラッグ&ドロップすることでインストールが完了止まります。

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール

EaseUS Data Recovery Wizardにアクセスの権限を与える

初回起動時に「EaseUS Data Recovery Wizard のフルディスクアクセス権限を許可してデータを復元」のアラートが表示されるので「システム環境設定」を起動します。

アクセス権

システム環境設定を起動したら「セキュリティーとプライバシー」→「プライバシー」→「フルディスクアクセス」の順に選択し、「EaseUS Data Recovery Wizard」にチェックを入れます。

チェック完了後、前のアラート画面の「許可しました」をクリックし、EaseUS Data Recovery Wizardを再起動します。

フルディスクアクセス

EaseUS Data Recovery Wizard を起動する

準備が完了したらEaseUS Data Recovery Wizardを起動します。起動後、接続されているストレージ、内蔵ストレージの一覧が表示されるので復元したいデータが入ったストレージを選択し「スキャン」をっクリックします。

スキャンが開始されると「残り時間」をスキャンしたファイル数、取得できたデータが表示されていきます。

クイックスキャン
ディープスキャン

1TBのSSDで約20分程度でスキャンが完了しました。

スキャンしたデータは、フォーマット別、ディレクトリ別、ディレクトリがないデータは拡張子、もしくはタグ別に分類され表示されます。

右側に「ゴミ箱」アイコンがあるものは削除されたデータで、無いものはストレージに保存されているデータを表しています。

フォーマット別

HFS+やExFatのフォーマット別に表示されている例です。

名前のないファイル

名前が取得できなかったファイルは拡張子で分類され表示されています。

タグ付けされたファイル

タグ付けされたファイルでは、アプリケーションやユーザー情報などを元に分類している様です。

下記の例ではOfficeはエクセルやワードのファイルが、AIにはAdobe Illustratorのファイルが格納されていました。

破損したファイルも復元可能「自動修復」

リストに表示されたデータの内容をプレビューで確認できますが、ファイルが破損していると自動で修復しプレビューする機能が備わっています。

EaseUS Data Recovery Wizardでデータの復元

Macのデータの復元方法は簡単で、復元したいデータにチェックを入れ、右下の「復元」ボタンをクリックすれば自動的に開始されます。

復元したデータの保存先を選択し、保存をクリックします。

今回はデスクトップを選択しました。

復元が完了すると、以下の画面が表示され、復元先のパスを表示してくれています。

実際に復元したデータを確認してみます。

「EaseUS 12-23 2252」ディレクトリ内に復元した画像が格納されていることがわかります。

復元は容易にできる

今回試した「EaseUS Data Recovery Wizard」を利用すれば誤って消してしまったデータも簡単に元に戻すことが出来ます。

逆を言えば、SSDやUSBメモリーをフォーマットして中古で販売する際、通常のフォーマットで消したとしても簡単にデータを復元されてしまうということです。

以下は元々macOSを入れ利用していたSSDをフォーマットし外付けのSSDとして利用しているものですが、「EaseUS Data Recovery Wizard」を利用してスキャンすると、消したはずのシステムファイルやユーザーディレクトリが見えていることがわかります。

本来の利用方法とは異なりますが、EaseUS Data Recovery Wizardを利用すれば、大切なデータが完全に消去され復元できない状態になっているかの確認も出来ます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)