Visual Studio Code 設定 不可視文字・制御文字を表示させる

Pythonの開発環境で導入した「Visual Studio Code」でデフォルトでは非表示になっている、「不可視文字」「制御文字」を表示する方法を紹介します。

Visual Studio Codeの導入方法は「Pythonの開発環境の構築-Visual Studio Code-」を参照してください。

不可視文字・制御文字に関する情報は「ASCIIの制御コード(DLE(Data Link Escape;データリンク拡張))」で紹介しています。

Visual Studio Code の設定を開く

メニューの「Code」から「基本設定」→「設定」を開きます。

「文字」で検索

設定ウインドウが開いたら、ウインドウ上部にある検索ワード入力エリアに「文字」と入力します。

文字に該当する設定項目が一覧で表示されたら「Editor : Render Control Characters」「Editor : Render Whitespace」がそれぞれ「制御文字」「不可視文字」の設定となります。

Editor : Render Control Charactersの設定

Editor : Render Control Charactersはチェックボックスにチェックを入れることでONにできます。

Editor : Render Whitespaceの設定

Editor : Render Whitespaceは

  • none(非表示)
  • boundary(単語間の単一スペース以外の空白文字を表示します。)
  • selection(選択したテキストにのみ空白文字を表示します。)
  • trailing(末尾の空白文字のみを表示します。)
  • all(全て表示)

より選択します。初期値は「selection」が選択されています。

全ての不可視文字を表示したいので「all」を選択します。

設定前、設定後のコードを確認

設定前は入力したテキストのみ表示されています。

設定前

設定後は、半角スペース、制御文字が表示されるようになりました。

設定後

全角スペースや改行コードには未対応

プログラミング用のエディタでは「全角スペース」「改行コード」も視覚的にわかるよう表示することができるものもありますが、「Visual Studio Code」では不可視文字に「全角スペース」「改行コード」は含まれないので表示することができませんでした。

created by Rinker
本書では、新世代のテキストエディタとして人気を集めている「Visual Studio Code(VS Code)」について、使い方の基礎から応用テクニックまで幅広く解説しています。Visual Studio Codeをすぐに使いこなせる便利な拡張機能を紹介するだけでなく、プラグインの開発方法までも掲載しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)