CrowdWorks いつの間にか「プロクラウドワーカー」になっていた

以前、フリーエンジニアとして案件の取得方法を紹介した CrowdWorks (クラウドワークス)ですが、いつの間にか「プロクラウドワーカー」に認定されていました。

プロクラウドワーカーとは?

CrowdWorks のサイトでも紹介されていますが、認定の基準を満たしているワーカーに対して付与される「称号」的なものの様です。

基準としては、「納品完了率」「総合評価」「獲得報酬額 月間」「スカウト数」「コミュニケーション評価」「プロフィール&自己PRの入力」の6点から判断される様です。

https://crowdworks.jp/lp/procrowdworker

プロクラウドワーカーになると

プロクラウドワーカーになると自身のページのアイコン下部と、ページ上部に「プロクラウドワーカー」のアイコンが付く様です。

基本、エージェントからの案件をこなしているため、自分から案件を取得するCrowdWorksでの受注はそれほど多くはないのですが以前請け負った案件が高額だったこともあり「プロクラウドワーカー」に認定されたのかもしれません。

この案件が最終60万円と高額だったためランキング上位になった様です。

プロクラウドワーカーのメリットは?

プロクラウドワーカーになると案件獲得率が上がったり、案件の単価が上がる様です。

確かにここ最近スカウトのメールがいくつかきていましたが、プロクラウドワーカーになったのが要因なのかもしれませ。

プロクラウドワーカーを維持するには?

プロクラウドワーカーを維持するには「納品完了率」「総合評価」「獲得報酬額 月間」「スカウト数」「コミュニケーション評価」「プロフィール&自己PRの入力」を達成する必要があります。

この中でも「納品完了率」「総合評価」「コミュニケーション評価」「プロフィール&自己PRの入力」はそれほど変化がないかもしれませんが、「獲得報酬額 月間」「スカウト数」は過去1年の状態で判断されるため、1年に一回はある程度の金額の案件をこなす必要があります。

久しぶりに提案をしてみた

そこで今回は、システム開発で手頃な案件がないか探してみました。

Webシステム開発の案件をメインに探していると、あまり仕様が決まっていない1から(要件定義)行う案件があったのでちょっと予算オーバーでしたが見積もりと仕様書を作成し、今回は2件のシステム開発案件に応募してみました。

1件目は在庫管理的なシステム開発で44万円の見積もりを行いました。

2件目は予約管理的なシステム開発で40万円弱の見積もりを行いました。

それぞれ簡単ですが、仕様書を作成して応募しています。

CrowdWorksで案件を獲得するには?

CrowdWorksで評価などまだ無く、始めたばかりのエンジニアの方でも案件獲得率を上げる方法があります。

最初の方でも紹介した60万円の案件もこの方法ですんなり獲得することができました。

エージェントと契約し案件を紹介してもらう方法は?

エージェントと契約し案件を紹介してもらう方法は簡単です。

下記の様なサイトに登録することで案件を紹介してもらえます。案件を請け負ったその日からフリーランス人生の始まりです。

色々ありすぎてわからない!という方にお勧めはこちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)