CrowdWorks で案件取得率を確実に上げる方法〜プログラミング高単価案件獲得方法を解説〜

プログラミング学習を終え、その後は就職やエージェントと契約しフリーランスに従事する、または CrowdWorks などでエンド直の仕事を受けるなど様々な活躍の場があると思います。
今回は、CrowdWorks に特化して高額案件(50万程度〜)を実際に何件も取得してきた方法を紹介します。

エージェントに関する情報は「フリーランス・副業 プログラミング案件紹介サイトの紹介・必要事項」を参考にしてみてください。

エージェント登録後、案件獲得のための面談で気をつけるための「フリーランス 副業の案件の面談時のアピールポイント5選・意識しておく事」も参考にしてみてください。

CrowdWorks でプログラミング高単価案件を取得する為には

気になった案件に応募する際、どのように応募していますか?
CrowdWorksで応募に必要な項目

  • 金額の提示
  • 完了予定日
  • メッセージ

最低限の必要項目のみで応募していませんか?
この部分を改善するだけで案件取得率は大幅にあがります。

解説書の内容は

今回「CrowdWorksで案件取得率を確実に上げる方法を解説」はPDF全27ページ

  1. 金額の提示
  2. 提示金額の根拠
  3. メッセージに記載すること
  4. スキル履歴は参考程度にしかならない
  5. 視覚化してアピール
  6. 最後に

の内容で解説を行います。

「CrowdWorksで案件取得率を確実に上げる方法を解説」の内容を実践すれば、なかなか契約できなかった案件でも容易に契約達成することができると思います。

実践はそれほど難しくはないのでぜひ参考にしてみてください。

購入完了後「CrowdWorksで案件取得率を確実に上げる方法を解説PDF」をダウンロードするためのボタンが表示されますのでクリックしてPDFをダウンロードもしくはブラウザで閲覧していただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)