Laravel開発環境をgitでコミットする際の注意点

Laravelでローカルに開発環境を構築し、GitHubやbitbucketなどでバージョン管理を行う際の注意点を解説します。

Laravelの開発環境の構築は「PHPフレームワーク「Laravel」の開発環境を構築する」を参照してください。

いくつかのディレクトリ・ファイルがコミットできない

ローカルからディレクトリを選択しリモートリポジトリを作成し、データをコミットしても一部のファイルがアップロードできていません。

ローカルのデータ
コミットしたデータ

ディレクトリでは「vender」がコミットできていません。
この状態で別の環境からデータをプルしてもエラーが出てページを表示することができません。

なぜコミットできないのか?

なぜ「vender」ディレクトリがコミットできないのか?その理由は、Lravelをインストールした時点で配置されている「.gitignore」に記載されている内容からわかります。

※「.gitignore」は不可視ファイルのため不可視ファイルを見える状態にする必要があります。

この中に記述されているファイル、ディレクトリはコミット時に無視されるリストとなっています。

なぜvenderが除外されるのか?

なぜvenderディレクトリが除外されるのかですが、各環境に依存するため、環境ごとにcomposerからインストールするのが望ましいからのようです。

開発環境にデータをプルしたのち「install composer」コマンドでインストール可能です。
インストールされるライブラリのバージョンは「composer.lock」で管理されているため、他のファイルとのバージョン違いによる不具合を回避することができます。

無理矢理コミットする方法

「.gitignore」からアップロードしたいファイル、ディレクトリ名を削除することでコミットすることは可能です。

以下は「.gitignore」から「/vender」を削除した状態です。
venderディレクトリがコミットできる状態になっていることがわかります。

ただし、venderディレクトリはファイル数が6000を超えるので、コミットすることは推奨されていないようです。

created by Rinker
PHPフレームワークのロングセラー定番解説書が、新バージョン対応で改訂! 本書は、Laravelのインストールから、フレームワークの中心になるModel-View-Controller(MVC)の使い方、開発に役立つ各種機能をわかりやすく解説した入門書です。
created by Rinker
PHPフレームワーク
『PHPフレームワークLaravel入門』(青本)を読み終わった方にお勧め!「もっと知りたかったこと」を本書で詳細に解説!PHPでWebアプリケーションを開発するフレームワークには種々ありますが、圧倒的人気ナンバーワンはLaravel!本書は、2017年9月刊行の大好評『PHPフレームワークLaravel入門』を補足する続編。読者の「これも知りたかった!」という声に応えました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)