PHPフレームワーク「Laravel」の開発環境を構築する

PHPのフレームワークとしてよく利用される「Laravel」のインストールに関して解説します。

Composerのインストール

Laravelの導入するにあたり、「Composer」をインストールします。

Composerとは?

ComposerとはPHPのパッケージ管理のプログラムでLaravelはこのComposerを利用し導入します。

Composerをダウンロード

https://getcomposer.org/download/ にアクセスし「composer.phar」をダウンロードします。

ページ内の「Manual Download」下部にあるバージョン部分をクリックすることで任意のバージョンのComposer.pharをダウンロードすることができます。

クリックしダウンロードが完了すると「ダウンロード」ディレクトリで「composer.phar」を確認することができます。

composer.phar をコマンドで移動して配置

次にターミナルを利用して、ダウンロードした「composer.phar」を「/usr/local/bin/composer」に移動します。

あらかじめ、composer.pharがある「Downloads」ディレクトリに移動してから「sudo」を実行してください。

指定のディレクトリに「composer」が配置されています。

次にパーミッションの設定を行います。
※パーミッションの設定を行わないとcomposerを実行することができません。

パーミッション変更後「composer -V」でcomposerを実行しバージョンを確認しています。バージョンが表示されれば正常にインストールが完了したことになります。

composerのアップデート

すでにcomposerをインストールしている場合はアップデートを行う必要があるかもしれません。
composerのアップデート方法は

最新バージョンの場合は「You are already using the latest available Composer version *.*.* (stable channel).」と表示されます。

Laravelのインストール

Composerのインストールが完了したら、いよいよ「Laravel」のインストールを行います。

ターミナルで下記のコマンドを実行することでインストールが自動で始まるのでしばらく待ちます。

インストールが完了したら、Laravelのコマンドを利用するため「環境変数PATH」にインストール場所のパスを追記します。

これは一度実行すれば今後設定は不要です。

Laravelを実行する

ではLaravelのプロジェクト「laravelapp」を作成します。

ターミナルで「composer create-project laravel/laravel laravelapp –prefer-dist」を実行すると、Laravelのプロジェクト「laravelapp」の作成が始まります。

プロジェクトを実行する

では作成したプロジェクトを実行してみます。

作成したプロジェクトに「cd」で移動し、サーバーを実行します。

サーバーが実行されたら、ブラウザに「http://127.0.0.1:8000」と入力しアクセスします。

Laravelのトップページが表示されました。
これで正常に実行されていることがわかります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)