Apple Watch watchOS7.3 日本でECG機能を解放 設定〜測定を解説

watchOS7.3のアップデートが公開され、いよいよ日本でもECG機能を利用できようになりました。

アップデート後、ECG機能の設定〜実際の測定を解説します。

iPhoneのヘルスケアアプリを起動

watchOS7.3、iOSを14.4にアップデート後にiOSのヘルスケアアプリを起動、もしくはWatchアプリからヘルスケアに移動します。

Watchアプリから行う場合は、Watchアプリを起動し、「ヘルスケア」をタップし、「自分のヘルスケアデータを表示」をタップします。

ヘルケアアプリが起動したら「心臓」「心電図(ECG)」の順に進みます。

Apple WatchでECGを利用するには、最初にiPhone側で設定を行う必要があります。

心電図(ECG)内の「設定」をタップし、生年月日を入力し、「続ける」をタップします。

心電図Appの仕組みなどの説明が表示されたのち、続けるをタップします。

「知っておくべき4つのこと」として心電図Appの説明が再度入ります。

Apple Watchに心電図Appを起動し計測します。

心電図の計測方法

まず、Apple Watchで心電図Appを起動します。

机や膝の上に腕を置いて、指をDigital Crownにあて30秒待ちます。

Apple Watchの心電図Appでの計測が完了すると、iPhoneに「設定の完了」が表示されます。

Apple Watchで心電図を利用する。

設定が完了したら、Apple Watchの心電図 Appを起動します。
ハートのエフェクトが出たら、Digital Crownに指を当て腕を動かさないようにします。

計測時間は30秒でカウントダウンが表示されます。計測が完了すると結果が表示されます。
狩猟するには、下にスクロールし、完了をタップします。

計測が完了したら、iPhoneにデータが送信されているので確認してみましょう。

計測結果をPDFに書き出し

心電図Appでは計測した結果をPDFとして書き出すことができます。

ヘルスケアアプリを起動し、「心電図(ECG)」を開くと、計測した結果が表示されています。

結果部分をタップすると詳細を確認することができ、「医師に渡すためにPDFを書き出す」をタップすればPDFが生成されます。

心電図Appを利用できる端末は

心電図の機能を利用できるApple Watch は「Series 4」以降からとなります。

それ以前のSeriesでは利用できないので、心電図Appを利用したい場合はこれを期に「Series 4」「Series 5」「Series 6」に買い替えてみてもいいかもしれません。

心電図の計測は利用できませんが、Apple Watch Series 3やApple Watch SEでも、背面にある光学式心拍センサーを利用した不規則な心拍の通知機能は利用できるようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)