×

スマートウォッチを購入する際に考慮すべき6つのこと

スマホと連動して使うスマートウォッチ。スマートウォッチは、さまざまなメーカーから商品が販売されていて、価格も数千円から数万円を超えるものまで幅広くあります。便利なスマートウォッチですが、選び方を間違えると、せっかく購入したのに使えなかったり、思い通りの機能がなかったりすることも。

この記事では、スマートウォッチを購入する際に考慮すべきことを6つのことをご紹介します。

スマートウォッチを購入する際に考慮したい6つのポイント

スマートウォッチを選ぶ際に注目したいポイントは、以下の6つです。

  • 対応OS
  • 機能
  • GPS機能
  • デザイン
  • 電池の持ち
  • 防水機能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

対応OSで選ぶ

スマートウォッチは、スマホと連動して使うため、スマホのOSに対応しているか確認する必要があります。OSとは、iPhoneならiOS、AndroidならAndroidですが、もっとも注目すべきポイントはOSのバージョンです。

たとえば、HUAWEI WATCH GT 3 Proの場合、対応OSはAndroid 6.0 以降と iOS 9.0 以降となっています。そのため、これらに対応したスマホでないと利用できません。まず購入する前に、スマホとスマートウォッチのOSを確認しましょう

機能で選ぶ

スマートウォッチには、さまざまな機能が搭載されています。もっとも注目したいのが、健康機能ではないのではないでしょうか。心拍数を自動で計測できたり、睡眠を記録できたり、血中酸素濃度のレベルが測定できたりの機能があります。

利用したい機能があるのかを確認してから、購入を決めるのがおすすめです。

注目したいのがGPS機能

ランニングやウォーキングを日常的に行っている方が注目したいのが、GPS機能。GPSが内蔵されているモデルだと、位置情報がウォッチ単位で取得できます。そのため、スマートウォッチさえあれば、スマホを持たなくても移動した距離やルートを記録することが可能。GPS機能が搭載されたスマートウォッチなら、スマホもいらないので、ランニング時の荷物が減るのが嬉しいポイントです。

デザインで選ぶ

スマートウォッチは、腕時計のように身につけるアイテムなので、デザインにこだわるのがおすすめです。自分が気に入ったデザインのものを選ぶのが一番いいでしょう。

仕事でも使いたいなら、シンプルでスマートなデザインを選べば、スマートに使えます。オフの日だけ使うなら、自分が好きなおしゃれなデザインや色にこだわるとアクセサリー代わりとしても楽しめます。

電池の持ちで選ぶ

スマートウォッチを使う上で、満足度に大きく影響するのが電池の持ちです。スマートウォッチは、大きな負荷がかかる作業が少ないため、時間の持ちがいいものが多いです。商品によっては使い方にもよりますが、7日~14日ほど持続するものもあります。充電を面倒に感じないならどれを選んでも良いですが、電池持ちを重視する方はバッテリーの持続時間にも注目して選びましょう。

防水機能をチェック

スマートウォッチを選ぶ際は、防水機能の有無も確認しましょう。防水機能があれば、手を洗う際にいちいち外す必要がないだけでなく、水泳や海辺でのスポーツでも安心して使えます。また飲み物をこぼした際や、雨が突然降ってきた場合でも慌てる必要がありません。ただ防水性能は、メーカーやモデルによって異なるため、購入前にチェックする必要があります。

スマートウォッチ選びで迷っているなら、HUAWEI スマートウォッチ gt 3 proがおすすめです。huawei スマートウォッチ gt 3 proが気になる方は、公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)