新型コロナウイルスの感染追跡でAppleとGoogleが協力

Appleジャパンが、新型コロナウイルスの感染追跡技術について、日本でも展開すると発表したようです。

ニューヨーク共同によると

米アップルと米グーグルは10日、新型コロナウイルスの感染追跡で技術協力すると発表した。スマートフォンを使って、感染者と判明した人に濃厚接触していた可能性があることを警告する。ライバル同士が異例の連携で感染拡大の防止を目指す。日本でも展開する方針。

iOS、androidのシェアは世界の人口の3分の1以上

iOS、androidを搭載するスマートフォンの利用者数を合わせると約30億人で、世界の人口の1/3を超えるようです。
三人に一人が利用しているシェアを活用し感染者と濃厚接触した可能性を警告するシステムを共同開発するすごい取り組みです。

「接触追跡」システムを利用するには?

この機能を利用するには事前に承認する「オプトイン」形式を採用するようです。

この機能はiOSとandoroidをまたがる機能です。
詳細には「公衆衛生当局の提供するアプリ」を通じて情報の共有をできるようにする為のAPIをApple、Googleが5月に提供するようです。
公式アプリは各アプリストアからダウンロードできるようにするとのこと。

ただし、検査で陽性と判断されたユーザーがアプリにデータを入力する事が前提のようです。

セキュリティー・プライバシー上の問題は?

新たなサービスや機能には常にセキュリティーやプライバシーに関する問題が出てきますが、これに関しては下記のような情報がありました。

数十億人ものユーザーの位置が常に把握され、健康に関する個人情報が共有されるという問題もある。アップルとグーグルは10日、ユーザーのプライバシーは守られると強調した。ユーザーは位置情報の提供を拒否することができる。また誰が感染者なのか、どこで接触したかは通知されない。アップルとグーグルはこのデータにアクセスできなくなっており、必要となればシステムごと機能を停止することが可能だという。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)