iOS 13.5 beta 3「COVID-19 Exposure Notifications」有効/無効

iOS 13.5 beta 3には新型コロナウイルス感染症(COVID–19)対策として公衆衛生当局が今後提供する濃厚接触追跡アプリで利用するAPIが追加されており、設定でCOVID–19にさらされる可能性がある場合の通知COVID-19 Exposure Notifications」を有効/無効にできるようになっているとのことです。

また、FaceIDやFaceTime利用時にマスクを着用している場合の動作も追加されているようです。

米アップルと米グーグルは、新型コロナウイルスの感染追跡で技術協力すると発表」の記事を投稿しましたが、早くも対応するのかもしれません。

iOS以外にも「macOS 10.15.5」「iPadOS 13.5」「iPadOS 13.5」「tvOS 13.4.5」のベータ3が公開されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)