iOS Appをアップデート後アイコンが暗くなる時の対処方法

iOSにアプリをたくさん入れていれば入れているほどアップデートの頻度が上がります。

iOS14ごろからアプリのアップデート後にアイコンが暗くなる現象が多発しており最新のiOS 15.1.1でも解消されていないようです。

アプリのアイコンが暗くなる

ディレクトリにアプリをまとめている人も少なくないと思いますが、ディレクトリに入っているアプリをアップデートするとまれにアイコンが暗くなる現象があります。

下記の画像の場合だとYoutubeのアプリが暗く表示されています。

ディレクトリをタップしてディレクトリ内を拡大すると正常に表示されますが、元に戻すと再度暗く表示されてしまします。

正常の表示に戻すには?

アップデート後にアプリアイコンが暗く表示された場合は、ディレクトリ内でアプリを並べ替えて保存します。

並び替えが完了したらディレクトリを閉じます。

するとアイコンは正常な表示に戻ります。

iOSのバグなのか?

これがiOSのバグなのかは不明ですが、頻度は結構高いと思われます。

いつか解消するかもしれませんがそれまでは、アプリの移動で解消するしかなさそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)