SMTPサーバーがブロックリスト(ブラックリスト)に登録された-SPFBL編

以前SPAMHAUS(スパムハウズ)のブロックリストについて記事にしました。

今回はSPFBLに登録された場合の対処方法を記事にしました。

SPFBLに登録される理由とは?

送信元のIPから逆引きで取得できるホスト名と、送信メールアカウントのドメインが一致しない場合登録されるようです。

上記に対応したい場合はバーチャルホストなどを利用せず1サーバー、1ドメインで運用する必要があり、現実的ではありません。

上記のことから、かなり厳しい基準での判定と思われます。

https://matrix.spfbl.net

SPFBLのブロックリストに登録された

SPFBLのブロックリストに登録されると、一部のサーバー当てのメールが届かないや、エラーメールが帰ってくるなどの症状が出ます。解決するにはSPFBLのサイトで解除申請を出す必要があります。

SPFBLのブロックリストの解除方法

解除するには下記のサイトで解除申請をする必要があります。

https://matrix.spfbl.net

サイトにアクセスし登録されたSMTPサーバーのIPアドレスを入力し「Query」をクリックします。

入力されたIPアドレスがブロックリストに登録されている場合は、IPから逆引きして取得したサーバーのホスト名を元にメールアドレスが生成されます。
※サーバーに設定しているメールアドレスではなくSPFBLが勝手に「postmaster@ホスト名」宛にメールを送信します。
この時点で「postmaster@ホスト名」のアカウントが存在しない場合は、メールアカウントを用意しておく必要があります。

メールを受信でき得る状態の場合は「Request delist key」をクリックします。

メールの送信が完了しました。

メールの内容は下記のような内容となります。

Subject: Unblocking key SPFBL
From: SPFBL Admin <admin@spfbl.net>
To: postmaster@ホスト名

Delist of IP [サーバーIPアドレス] at DNSBL
If you are the administrator of this IP, go to this URL to solve the reCAPTCHA and finish the delist procedure:
https://matrix.spfbl.net/en/[ランダムな文字列]

Unsubscribe
Powered by SPFBL.net

SPFBLからのメール

メール内に記載されているURL「https://matrix.spfbl.net/en/[ランダムな文字列]」が解除用のキーを含むものですのでクリックして解除を申請します。
申請完了後、数分から数時間で解除が完了します。

まとめ

サーバーのホスト名のメールアドレス宛に解除用のURLを送信する部分が通常の共用サーバーなどの場合は対応できない、またはサーバー管理者に依頼して解除してもらうしか方法が無いと、SPAMHAUS(スパムハウズ)に比べ、ブロックリストからの解除の敷居が高くなっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)