PHP スーパーグローバル変数-$_COOKIE

今回は、スーパーグローバル変数の$_COOKIEの解説です。

この記事の著者 ->S.E; です。

普段は、システム開発に必要なヒアリング、システムの要件定義、設計からプログラマとしてWebサイトやWebアプリケーションの開発、WordPressでのブログの執筆やサーバー運用・管理を行っています。

このページは「未経験の為のプログラミング講座 ゼロから始めるPHPプログラミング〜初級から実践編までを網羅〜」としてPHPの基本的な部分を【初級編】【中級編】【上級編】に分けて解説しています。最終的には簡単なフォームやシステム開発をフルスクラッチで行うことを目的としています。また、参考になる書籍なども紹介しています。

$_COOKIE(クッキー)とは?

通常サーバーはアクセス元のPCやスマートフォン上のファイルにアクセスすることはできませんが、クッキーはサーバー側から読み書き可能となります。

※ブラウザの設定で「クッキー」を無効化している場合は、この限りではありません。

macOS Safariの場合

$_COOKIE(クッキー)の基本

ではクッキーの利用方法を確認してみます。

<form>からname=”cookie_test” をPOST形式で送信します。送信されたデータをPHPが受け取り「setcookie」関数で受け取ります。

setcookie関数

第1引数にクッキー名、第2引数に送信されたデータ、第3引数に保存期間を設定します。
「設定する期間の 60 * 60 * 24 * 10 」は「60 秒×60 分×24 時間×10 日」で10日間の有効期限を設定しています。第3引数を省略すると、ブラウザを閉じた時点でクッキーが破棄されます。また、保存したクッキーを破棄したい場合は「time() – 3600」と過去を設定します。

$_COOKIE(クッキー)の動作確認

入力フォームに任意のテキストを入力し「送信」します。

setcookie(‘cookie_test’, $_POST[‘cookie_test’], time() + (60 * 60 * 24 * 10));で保存された情報を「$_COOKIE[‘cookie_test’]」で表示します。

$_COOKIE(クッキー)の利用方法

$_COOKIE(クッキー)はログイン情報の保存や、フォームへ入力した情報の保存など利用方法は様々です。

created by Rinker
PHP7の基本構文から、クラス、DB連携、セキュリティ対策まで、しっかり習得! PHPプログラミングの標準教科書『独習PHP』が、最新のPHP7に対応。PHPでWebページ/アプリケーションを開発する際に必要な基礎的な知識、PHPの基本構文から、クラス、データベース連携、セキュリティまで、詳細かつ丁寧に解説します。
created by Rinker
時間がなくたって、プログラミングは学べます。学習を躊躇していた人たちに、既存の入門書で挫折した人たちに、「これならできる!」の最短カリキュラムを、土日の14時間で提供。まったくのプログラミング初心者が簡単なWebデータベースアプリを構築できるまでの成長コースを、手取り足取り、導きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)