×

iPhoneに突然表示される、不審なカレンダー通知 IPAが注意喚起

iPhoneのカレンダー通知機能を利用して他人のカレンダーに予定をシェアし「ウイルスに感染している可能性があります」「あなたのiPhoneは保護されていません!」などを表示させ、添付のURLにアクセスさせようとする手口が報告されているようです。

カレンダーの共有とは?

iCloudの機能として提供されている「iCloudカレンダー」
自身のカレンダーアプリにイベントを登録し、メールアドレスを入力するとで誰にでも共有可能無サービスです。

攻撃者は、この共有先のメールアドレスを何らかの方法で入手したか、総当たりで共有しているのかはわかっていないようです。

「カレンダー」App では、iCloudカレンダーをほかのiCloudユーザと共有できます。カレンダーを共有すると、ほかのユーザが表示できるようになり、イベントを追加したり変更したりしてもらうことができます。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iph7613c4fb/13.0/ios/13.0

不審な予定が共有された場合は、URLにアクセスせず、即削除をお勧めします。

共有されたイベントの削除方法

  • 画面の下部にある「カレンダー」をタップします。
  • 削除するiCloudカレンダーの横にある(i)をタップします。
  • リストの下部にある「カレンダーを削除」をタップします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)