フリマサイト等の 転売ビジネス ・ ネットビジネス について注意喚起〜騙されないようにするには〜

国民生活センターは2月10日、フリマサイト等での「 転売ビジネス 」「 ネットビジネス 」に関連した相談が増加していると発表し、国民に注意を呼びかけましたとニュースが報じられました。

転売ビジネスでのトラブル

転売ビジネスの「サポート」を販売する悪質な事業者は、さまざまな手法で商材を販売しているようです。

  • 転売ビジネスのサポート
  • 転売ビジネスのガイドブック

などを1万円〜高額なものでは50万円のものまであるようです。

また、「返金保証制度あり」とうたってはいるものの実際には達成不可能な条件が提示され、返金を受けられないとのことです。

国民生活センターの注意喚起

国民生活センターからは下記の4点を消費者へのアドバイスとして掲載しています。

  • ネット広告等のうまい話をうのみにしない
  • 転売ビジネスに高額な費用が必要といわれたら要注意
  • 「リスクなし」「必ず稼げる」わけではない。転売禁止品にも注意
  • トラブルにあった場合は、消費生活センター等に相談を

転売ビジネスで検索してみる

「転売ビジネス」をキーワードでケンサックしてみると、「広告」として3件が表示されました。

この3件が、トラブルのある「転売ビジネスの紹介」かは不明ですが

  • PC1台でお金を稼ぐ働き方
  • 期間限定プレゼント
  • ネットビジネス無料教科書
  • 今すぐ稼げるビジネスのやり方
  • 会社に頼らず年収1000万円を稼ぐ
  • 素人から4ヶ月で会社の2倍

など、おいしい内容を記載し誘っていることは確かです。

無料商材や期間限定プレゼントなどと記載されていても、実際に話が進むにつれ、有料商材を進めてくるパターンもあるので気をつけてください。

※検索結果の広告はトラブルに遭う商材などの販売かは不明です、検索などで上位に表示されてくる内容を元に紹介したまでです。

SNSなどにも広告が掲載されている

TwitterやFacebook、LINEなどのSNSにも「転売ビジネス」「ネットビジネス」といった内容の広告を見かけることがあります。

トラブルに巻き込まれない為には?

「転売ビジネス」「ネットビジネス」などの情報商材を購入する前に、まずは、販売元の情報を確かめる必要があります。

商材を販売するサイトのは必ず「特定商取引の表示」「特定商取引法」などのページがあります。
このページがない時点でまず、購入は控えた方が良いでしょう。

また、ページが存在している場合でも、住所は正しいか、会社は実在するか、連絡先(電話番号)は記載されているかを確認してください。

これらが、きちんと記載されている場合は、「転売ビジネス」「ネットビジネス」の商材名などで検索をして、ネガティブな情報がないかの確認も忘れないようにしてください。

もしトラブルにあった場合は?

電話で「188(いやや)」番を発信すると、最寄りの消費生活センター等を案内してもらうことができます。

転売ビジネスを行うにあたり

このサイトでも中国輸入せどり(中国輸入転売)の情報を掲載していますが、情報に対して対価は要求していません。

転売ビジネスはこれらの有料情報がなくても、さまざまなメディアで情報が無料で提供されています。
有料情報を購入する前に、まずこれらの無料で提供されている情報に目を通し、実践することが大事だと個人的には思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)