Macの体験。そのすべてを新しく。macOS Big Sur 11/13リリース

AppleシリコンM1チップ搭載のMacBookシリーズも発表され、今度はmacOS Big Surがいよいよ明日2020/11/13にリリースされます。

macOS Big Sur

いよいよ明日リリースのmacOS Big Sur、現行のCatalinaでOSXが終了し、macOS 11 となります。
macOSのメジャーアップデートには利用中のアプリケーションなどの対応もあるので慎重に行う必要があります。

※アップデート前にはバックアップをお忘れなく。

世界で最も先を行くデスクトップOSのパワーと美しさを、次のレベルへ。macOS Big Surの登場です。洗練された新しいデザインでMacをフルに
使いこなす。かつてないほど進化したSafariでウェブの世界に飛び込む。
マップとメッセージの新機能で毎日を楽しむ。さらに、プライバシーのための
透明性も高まるので、あなたの情報をこれまで以上にしっかり守れます。

https://www.apple.com/jp/macos/big-sur/

macOS Big Sur 対応のMacは?

macOS Big SurのアップデートできるMacは下記となります。
モデルの識別は表の「モデル識別」のリンクから確認できます。

機種対応モデル発売日モデル識別
iMac2014年以降発売のモデルhttps://support.apple.com/ja-jp/HT201634
iMac Pro2017年以降発売のモデル全モデル対応
Mac Pro2013年以降発売のモデルhttps://support.apple.com/ja-jp/HT202888
Mac mini2014年以降発売のモデルhttps://support.apple.com/ja-jp/HT201894
MacBook Air2013年以降発売のモデルhttps://support.apple.com/ja-jp/HT201862
MacBook Pro2013年以降発売のモデルhttps://support.apple.com/ja-jp/HT201300
MacBook2015年以降発売のモデルhttps://support.apple.com/ja-jp/HT201608

macOS Big Sur 新機能

メジャーアップデートだけあって新機能や新デザインが豊富です。

https://www.apple.com/jp/macos/big-sur/features/

アップデートされたメニューバー

メニューバーの高さを広げ、透明度を高めました。そのため、デスクトップの写真を端から端まで表示できます。文字は、デスクトップの写真の色に合わせて明暗が調節されます。プルダウンメニューをより大きくしたことで行間のスペースが増え、すべてが一段と読みやすくなります。

アプリのための新しいアイコン

アプリのアイコンが、フレッシュさと慣れ親しんだ印象をあわせ持つデザインに一新。アイコンの形状を統一させながら、Macの個性が光るタッチとディテールを残しました。

シートのデザインを一新

アプリ内のシートを完全に再設計しました。枠線やベゼルがなくなり、コンテンツに集中できます。背景が自動的に暗くなり、アプリの中心に合わせてサイズが調節されます。

フルハイトのサイドバー

新しいアプリのサイドバーでは、探している項目がより見つけやすくなり、作業のためのスペースが増えます。メールの受信ボックスのチェック、Finderのフォルダへのアクセス、写真、メモ、株価などの管理も簡単です。

フローティングスタイルのDock

再設計されたDockは、ディスプレイの下部から離れた位置にレイアウトしました。透明度が増し、デスクトップの壁紙が際立ちます。アプリのアイコンも生まれ変わり、より簡単に見分けられます。

ウインドウのデザインがより軽やかに

ウインドウがより軽やかで広々とした見た目に。一段とすっきりしたデザインで、作業の効率が上がります。透明度を高め、エッジ部分をMacの曲線に合わせて丸くデザインしたことで、macOS全体で統一感のある印象が生まれます。

新しいサウンドとアップデートされたサウンド

システムサウンドが一新され、耳に一段と心地よく響きます。新しいシステムアラートの音には、オリジナルのアラート音を短く切ったものが使われているので、親しみが感じられます。

macOS全体に新しい記号を採用

ツールバー、サイドバー、コントロールに新しい記号を採用。アプリが明快で統一感のある見た目になり、どこをクリックすればよいかすぐにわかります。メールの受信ボックスやカレンダーの閲覧など、複数のアプリに共通するタスクには同じ記号が使われます。使用するシステム言語に合わせてローカライズされた数字、文字、日付を含む記号も用意しました。

コントロールセンター

Macのためだけにデザインされた新しいコントロールセンターでは、お気に入りのメニューバーのアイテムを一か所に集められるので、最もよく使うコントロールへ瞬時にアクセスできます。メニューバーにあるコントロールセンターのアイコンをクリックするだけで、システム環境設定を開くことなく、Wi-Fi、Bluetooth、AirDropなどの設定を調節できます。

クリックしてそのほかのオプションを表示

クリックするとメニューが展開します。例えば、「ディスプレイ」をクリックすると、ダークモード、Night Shift、True Tone、AirPlayのオプションが表示されます。

コントロールセンターをカスタマイズ

アクセシビリティやバッテリーなど、あなたが最もよく使うアプリや機能のコントロールを追加できます。

メニューバーにピンで固定

よく使うメニューアイテムをドラッグしてメニューバー上部にピンで固定しましょう。ワンクリックで簡単にアクセスできます。

アップデートされた通知センター

生まれ変わった通知センターでは、すべての通知やウィジェットが一つの専用カラムに表示されます。通知は自動的に新着順に並び替えられ、新しいデザインの「今日」ウィジェットでは、情報を一目でチェックできます。

グループ通知

通知はスレッドまたはアプリごとにグループ化されます。以前の通知を確認するにはそれぞれのグループを展開。通知を個別に見たい場合は、グループ通知を無効にできます。

ウィジェットのカスタマイズ

「ウィジェットを編集」をクリックすると、簡単に新しいウィジェットを通知センターに追加できます。追加したら、見たい情報が表示されるようにサイズを調節して、ウィジェットリストにドラッグしましょう。

インタラクティブな通知

Mac上の通知から、Apple Podcast、メール、カレンダーなどのアプリでより多くの操作ができます。メニューを選択したり、詳しい情報をチェックするには、通知を長押しするだけ。さらに、Eメールに返信したり、最新のPodcastを聴いたり、カレンダーの出席依頼を開いてイベントの時間も確認できます。

再設計されたウィジェット

まったく新しいウィジェットの数々と、美しく再設計されたカレンダー、株価、天気、リマインダー、メモ、Podcast用のウィジェット。ウィジェットには様々なサイズを用意したので、一番使いやすいものを選べます。

他社製ウィジェットを見つける

通知センターのための新しい他社製ウィジェットは、App Storeで見つかります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)