Apple純正 AirTag レザーキーリング を購入-詳細レビュー

Apple純正 AirTag レザーキーリング 「ミッドナイト」「レッド」「サドルブラウン」を購入してみたので開封レビューをしてみたいと思います。

AirTagとは?

AirTagとはAppleが販売する忘れ物防止タグで、iPhoneの「探す」アプリから簡単に場所を特定できます。

価格は税込3,500円でApple製品にしてはそれほど高く無い価格設定となっています。また4個パックもありこちらは税込12,800円(1個当たり3,200円)で購入できます。

AirTag レザーキーリングとは?

AirTag レザーキーリングはAirTagにぴったりフィットするように作られているリング付きのレザーケース(特殊ななめし加工を施したヨーロピアンレザー)です。

価格は税込4,500円とAirTag本体よりも高く設定されています。

カラーは「ゴールデンブラウン」「ミッドナイト」「ウィステリア」「サドルブラウン」「バルティックブルー」「フォレストグリーン」「カリフォルニアポピー」「レッド」の8色展開となっています。

今回はこれらのうち「ミッドナイト」「レッド」「サドルブラウン」を購入しました。

AirTag レザーキーリング開封

まずパッケージの表面はこの様な感じです。

パッケージ裏面はこの様な感じ

レザーキーリング開封

パッケージ裏面下部にある「→」を引っ張り開封します。

開封できたら、レザーキーリングを取り出すための「べろ」があるので引っ張ります。

内容は至ってシンプルで、パッケージ、保証に関する情報の察し(1枚もの)、レザーキーリング本体となります。

レザーキーリング本体は紙のケースに納められています。最近Apple製品は全てこの様な感じです。

レザーキーリングを確認

取り出した状態です。AirTagを挿入するための開け閉めするためのステンレススチール部分が保護されています。

こちらは裏側

ステンレススチール部分を外してみました。

AirTagがピッタリ入る様に設計されているためAirTagの形に加工されていることがわかります。ステンレススチールもマットで高級感があります。

開け閉めは多少力が入りますが、簡単には外れない設計になっていました。

凸の部分は逆台形になっています。

凹の部分は凸がキッチハマるように設計されている様です。

この構造のおかげで引っ掛けたとしても簡単には外れないと思います。純正と互換品の大きな違いはこの構造では無いでしょうか?

細かい部分ですが、リング部分には「Designe By Apple in California」「Assembled in China」の刻印が施されています。

新品の状態ではレザーの状態は多少固いですが、使っていくうちにいい味を出してくれるのが楽しみです。

AirTagを挿入してみる

では、レザーキーリングにAirTagをはめ込んでみたいと思います。

純正だけあってかレザーキーリングにピッタリとAirTagが入ります。

これで、AirTagをiPhoneに近づけて設定を行えば即利用開始できます。

純正品は高いので互換品でという方は

Apple純正のレザーキーリングはAirTag本体よりも高額です。ケースにそこまで…というかはメルカリなどで互換品が安く販売されているのでこちらを購入するのも良いかもしれません。

互換品には純正品にはないカラーバリエーションも存在するので色々な色を楽しめるかと思います。

試しに一つ買ってみて「純正品のレザーキーリング」と「互換品のレザーキーリング」を比較してみたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)