×

楽天モバイル 0円で運用できるか試してみた

開通までが即日のeSIMを申し込み、楽天モバイルの回線を契約して1ヶ月が過ぎ、本当に0円で運用可能かを確認してみました。

楽天モバイルとは?

楽天モバイルは、docomo、au、Softbankに続く第4のキャリアで、2022/2現在、データ無制限で利用できる楽天回線エリアの人口カバー率が96%を突破しました。

また、1ヶ月1GBまでのデータ通信なら0円、専用アプリ楽天Linkを利用すれば通話も無料となります。

1月分の利用料金を確認

1月に契約し2月になったので1月分の利用料金を確認してみました。

利用料金の確認は、「my楽天モバイル」アプリでできます。

「my楽天モバイル」を起動し下にスクロールすると「利用料金」が確認できます。

より詳細な情報を確認したい場合は、画面下部の「利用料金」をタップします。

1月の利用料金が「合計0円税込」と表示されています。

当初、ユニバーサルサービス料が2円かかると思っていましたが、明細では

  • ユニバーサルサービス料:2円
  • ユニバーサルサービス料:-2円

となっておりユニバーサルサービス料はかかっていませんでした。

利用状態は?

楽天モバイルを契約した端末では主にネットブラウジングと電話を利用しました。

ネットはWiFi環境下での利用がほとんどで、電話は楽天Linkでの利用でした。

ヘビーには利用していませんがそれなりといったところです。

楽天モバイルの通信速度は?

気になる通信速度ですが、居住エリアが都会からは少し離れているからか電波の状態はあまり良好ではありません。電波状態がマックスになることはありませんでした。

そこで「my楽天モバイル」を利用して通信速度を計測してみました。

左が楽天モバイルの回線、右が自宅のWiFiとなります。

楽天モバイルの遅さが際立っています。

メインで利用しているY!mobileも同じ環境下で測定してみました。

その結界は下記となります。やはり楽天モバイルは低速であることがわかりました。

メインでなければ0円での運用は可能

通信速度が遅いのはさておき、0円での運用はさほど難しくない結果となりました。

SMSを利用したいや、登録用の電話番号が欲しい、などの場合は0円での運用も可能です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)