Goolge GmailやGoogleドライブなど一定期間利用がないと削除対象に

2021年6月1日からGoogleが提供するサービス、Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard を含む)、Google フォトを2年間利用確認できない場合、利用がなかったサービス内のコンテンツが削除されるようです。

Google サービス ポリシーが変更

2020年11月11日より、利用されていないアカウントまたは保存容量の上限を超過しているアカウントについて、Google フォト、Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard、サイトを含む)のサービス ポリシーが変更されると案内が出ています。

保存容量の上限を超過

保存容量として認識される内容の変更もあるようです。

2021年5月31日まで保存容量にカウントされる内容

  • Google フォトにバックアップされている元の画質の写真と動画
  • Gmail のメールと添付ファイル([迷惑メール] と [ゴミ箱] フォルダ内のアイテムを含む)
  • Google ドライブ内の大部分のファイル(PDF、画像、動画など)

2021年6月1日以降に保存容量にカウントされる内容

  • 2021 年 6 月 1 日以降に Google フォトにバックアップされた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard などの共同編集用コンテンツ作成アプリで作成または編集したファイル。
    • 保存容量にカウントされるのは、2021年6月1日以降に作成または編集されたファイルのみです。
    • 2021年6月1日より前にアップロードまたは編集されたファイルは、保存容量にはカウントされません

削除対象の判定

2年間サービスの利用確認ができないコンテンツ

Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard を含む)、Google フォトを 2 年間利用していないユーザーについては、利用がなかったサービス内のコンテンツが削除される場合があります(合理的な事前の通知が行われた後)。

保存容量を超過した状態が 2 年間続く

Gmail、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard のファイルを含む)、Google フォトのコンテンツが削除される場合があります。

削除前には通知が来る

コンテンツが削除の対象となる 3 か月以上前にGoogleサービス内での通知およびメール送信が行われるようです。

サービスを維持する方法

サービスを有効な状態で維持するには、Gmail、Google フォト、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、JamboardなどのサービスにWebまたは Google アプリで対象のアカウントにログインし、インターネットに接続した状態でご利用することで回避できるようです。

例として下記が挙げられています。

  • Gmail: Android、iOS、mail.google.com
  • Google ドライブ: Android、iOS、drive.google.com
  • Google フォト: Android、iOS、photos.google.com

注意点として、複数のアカウントを設定している場合は、維持したい全てのアカウントでサービスにログイン・利用する必要があるとのことです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)