gzip テキスト圧縮の有効化

Googleアナリティクスの「サイトの速度についての提案」で案内されたテキスト圧縮を行ってみました。

サイトの速度についての提案

Googleアナリティクスの「行動」→「サイトの速度」→「速度についての提案」から、サイトの改善に対する提案を確認できます。

各ページごとに提案の件数と提案内容へのリンクが設置されています。

圧縮が有効になっているか確認する方法

まず、利用中のサーバーが圧縮が有効になているか確認します。
確認は「https://lab.syncer.jp/Tool/Gzip-Checker/」で確認することができます。
Content-Encoding: gzip」の記述があればすでに有効になっているようです。

テキスト圧縮の有効化

提案は様々な内容がありますが、今回は「テキスト圧縮の有効化」を確認してみました。

テキストベースのリソースは圧縮(gzip、deflate、または brotli)して配信し、ネットワークの全体的な通信量を最小限に抑えてください。

下記の表のような感じで減らせるデータ量の記載があります。

ではサーバー側でテキスト圧縮を有効化してみようと思います。
圧縮を有効にするには.htaccessに下記の内容を記述します。

サーバーにmod_deflateがインストールされている場合

ファイルの拡張子を「.gz」にし圧縮

まとめ

gzipでテキストを圧縮することにより多少改善されました。

圧縮前
圧縮後

画像はすでに圧縮されている場合がほとんどなので、サーバーの負荷を減らすためにも、今回は除外しています。

画像を、さらに圧縮したい場合は、サーバーにアップロードする前にアプリケーションなどを利用して容量を抑える方法をお勧めします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)