PHP 比較演算子〜未経験の為のPHPプログラミング講座〜

演算子で計算、データ型では、数値や文字列などデータの種類を学習しました。

次はそれらを比較する比較演算子を解説します。

主な演算子

下記は利用頻度の高い「演算子」をピックアップして紹介します。

演算子説明
==左辺と右辺の値が等しい場合はtrue7 == 7 // true
===左辺と右辺の値が等しく、かつ、同じデータ型である場合はtrue7 === ‘7’ // false
!=左辺と右辺の値が等しくない場合にtrue7 != 7 // fasle
<>左辺と右辺の値が等しくない場合にtrue(「!=」と同じ)7 <> 7 // false
!==左辺と右辺の値が等しくない、または同じデータ型でない場合にtrue7 !== ‘7’ // true
<左辺が右辺より小さい場合にtrue7 < 9 // true
>左辺が右辺より大きい場合にtrue7 > 9 // false
<=左辺が右辺以下の場合にtrue7 <= 9 // true
>=左辺が右辺以上の場合にtrue7 >= 9 // false
<=>宇宙船演算子。左辺が右辺より小さい場合には-1、
左辺と右辺が等しい場合は0、左辺が右辺より大きい場合は1
7 <=> 10 // -1

配列の比較

配列同士も「比較演算子」を利用して比較可能です。
配列に関しては「PHP 配列-連想配列-多次元配列」を参照ください。

比較の順序は

  • 要素数の比較
  • 要素数が同じ場合、同じキーを持つ要素同士の値を比較
  • 上記2項目が同じ場合、trueを返す。

※「同じキーを持つ要素同士の値を比較」比較対象同士が同じキーを持っている必要がある

var_dump関数

配列の比較で利用している「var_dump」は、「」と「」を出力してくれる関数です。

echoやprintでは「値のみ」しか出力されないため、デバッグなどでは「var_dump」を利用します。

比較時の注意

「==」に比べより厳密な比較ができる「===」や「!==」は型も対象になることに注意が必要です。

」について詳しくは「PHP データ型」を参照してください。

created by Rinker
時間がなくたって、プログラミングは学べます。学習を躊躇していた人たちに、既存の入門書で挫折した人たちに、「これならできる!」の最短カリキュラムを、土日の14時間で提供。まったくのプログラミング初心者が簡単なWebデータベースアプリを構築できるまでの成長コースを、手取り足取り、導きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)